トップページへ
トップ > 並行輸入品とは?

並行輸入品とは?

日本国内で販売されている海外メーカーのブランド物には並行輸入品と正規輸入品があります。並行輸入品というのは、正規のルート以外のルートで日本へ輸入されたもののことを言います。メーカーに関係のない第三者が購入、輸入するもので、正規のルートをたどって輸入される正規輸入品とは同じものでも違ったものとなるのです。並行輸入品にはメリットやデメリットがあります。並行輸入品のメリットとして一番にあげられるのはやはりその価格だと思います。正規輸入品に比べるとかなり安価な価格で販売されているので、正規品を安い価格で手に入れることができるんです。これはとても魅力的なことであると思います。どうしても正規輸入品になると正規のルートを通すので割高になってしまうんですね。それからもう一つの並行輸入品のメリットと言えば、日本未発売の商品が手に入ることがあることです。正規のルートで輸入されていないものを購入することができるのも並行輸入品の魅力の一つなんですね。デメリットはアフターメンテナンス等が正規輸入品でないので受けられないことです。

ページ上に戻る