トップページへ
トップ > 並行輸入品と国内正規品の違い

並行輸入品と国内正規品の違い

海外ブランド物って日本国内でもたくさん販売されているのですが、並行輸入品正規輸入品という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この二つの言葉にはどのような違いがあるのか、とく知らないと言う方も多いことかと思います。いったいどう違うのでしょうか。まず、並行輸入品というのはそのメーカーから正規のルート以外のルートで輸入したものになります。つまり、メーカーが認めている正規輸入代理店を通さずにそれ以外のところから輸入したもののことをいうんですね。そしてその一方で正規輸入品は正規のルートで海外メーカーから契約をして輸入を行っているもののことをいうんですね。並行輸入品はメーカーとは何の関係も持っていない人が購入、輸入して消費者へ流れているので、日本国内の正規取扱店に持って行ってもサービスやメンテナンス等が国内正規品ではないからと断られることが多いというデメリットがあります。ですが正規輸入品に比べるとかなり金額が安いんですね。正規品が安価で手に入るということはとても魅力的ですよね。日本未発売のものが手に入るケースもあります。

ページ上に戻る